読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきあじ

ついについについに秋味の季節がやってきましたね!
さっそく買ってきましたよー
 

f:id:urakami0407:20160823163043j:plain

 
はー
 
おつまみはソーセージにしました
ソーセージと言えば
 
 
有名ですね
 
個人的にはバイエルンが優等生でシャウエッセンがワイルドな気がします
 
バイエルンくんはソーセージらしくしっかりとした力強く
素直な豚の味、油の甘みまでしっかり楽しめる的な
 
シャウエッセンの方が塩味と油が濃くて
食感もパリッと硬いけど、その分重いし、あとたまに筋のような固い部分がある的な
 
まあ食べ比べた事もないし
利きソーセージは絶対出来ませんけどね
 
 
 
ものも大事ですけど
焼き方も大事ですよね
 
基本的には茹でるか焼くかで全然違いますよね
 
沸騰しないくらいの湯で茹でると
肉の表面を壊さずに油が出て行って
さっぱりそして肉の旨みを逃さない感じ
 
なんかの料理人がソーセージは茹でるのが
一番美味しい(無駄がない?)食べ方とかなんとか
 
対して焼いちゃうと肉の旨みは流れ出ちゃうし
焼くときに油なんてひこうものなら
しつこい味付けになっちゃいますよね
濃い味になってぼくは好きですが
 
でもなんと言っても焼きが愛されている一番の理由は
 
 
パリッ
 
 
ですよね
焼くと表面がパリパリになりますから
食感がすごく楽しくなりますよね
 
 
 
ぼくは焼きでも茹ででもないんですけどね
 
いやすみませんどっちかと言うと焼きです
 
前置きが長すぎましたが
 

f:id:urakami0407:20160823163144j:plain

 
まずは少し水をひいたフライパンに
ソーセージを漬けます
 

f:id:urakami0407:20160823163205j:plain

 

油はいらない

 
火をつけて蓋をします
 
この蒸しで中まで熱を入れていききますよー
火を強くしても下が水なんで大丈夫です
 
水がなくなる(湯気が出てこなくなったら
蓋をあけて
 

f:id:urakami0407:20160823163228j:plain

 
端に寄せて胡椒をふりふり いやガリガリ
 

f:id:urakami0407:20160823163307j:plain

 
そのまま火を止めずに表面をパリッとさせたら
 
 
完成!
 
 
秋味でいきまーす
 

f:id:urakami0407:20160823163333j:plain

 

みてくれがよくない

右の三本は塩 あとマスタードなかったガッデム

 
秋味うますぎワロタ
やっぱりこのビールが一番うまいですわ
 
味が濃い、ビールの味は苦味が多いけど
それだけじゃないんですよね
 
そして味が濃いのにあんまりぼくが好きではない
雑味の部分を全く感じさせないこの完成度
 
喉越しではなく 味を楽しめるビールですね
 
うまいところだけがぎっしり濃縮されたこのビール
マジで美味い
幸せやでぇ…
 
 
やっぱりジューシー
ソーセージはこの味がうまいんだよなぁ!?
と力押ししてくる自己主張の強い味
 
そしてこのパリッ音を聞かせてあげたい
 
秋は美味しい季節ですね…